トップページ > メンテナンス
メンテナンス
理念
極論を言えば、その国の車に乗るのが一番間違いがない車選びだと思います。
日本なら日本車、フランスならフランス車、アメリカならアメリカ車。その国の文化や環境、歴史から生まれてきた車に乗るのが正解なんだと思います。
「それなら、なんでラテン車を扱っているんだ!」とお怒りの声が聞こえてきそうですが、それが解かっていても、それでも私は、どうしてもラテン車に乗りたい!日本車にはない素晴らしいデザイン!血湧き肉踊る官能的なエンジン!
自分のDNAの中には存在しないからこそ、憧れ、手に入れたくなる。
その前に立ちはだかるのが、ヨーロッパとは段違いの湿気や夏の暑さ、想像を絶する渋滞や稼働率の低さ。
思っている以上に、ヨーロッパと日本の使用状況や環境は違い、日本でラテン車を乗っていくには、厳しい条件を避けては通れません。
それでもラテン車に乗りたいのなら、何よりもメンテナンスが重要だと断言できます。
日本のイタリアンやフレンチのシェフ達が、本場の味を日本人好みに昇華させて日本に定着させたように、日本でも、安心してラテン車を堪能していただけるように、なによりも「メンテナンス」に力を注いできました。
いくら見てくれが綺麗でも、基本部分がちゃんとしていなければ、本来の性能を味わうことはできません。目に見える部分はもちろんですが、目に見えないところにこそ、その車の性能を決めてしまう部分があるんです。
ロッソコルサは、日本のラテン車乗りが一人でも多く幸せになれるように、バックアップを惜しみません。他店で購入されたお車や部品持込での作業も承ります。
是非一度彼方の目で、ロッソコルサを見てください。
基本整備料金 車種別整備料金 お勧め整備
ROSSO CORSAのメンテナンスブログ
ロッソコルサの工場紹介
ロッソコルサのメンテナンス 残念ながら、我々の扱っているイタリア車、フランス車は、日本車やドイツ車に比べて故障の率が高いといわざるを得ません。それは、各部品の精度や組み付け精度などに原因があると言えます。
最近では、随分と良くはなってきて一昔前よりも故障の率は下がっていますが、それでも部品単体の寿命などはまだまだ短い方で、念には念を入れるのであれば、早めの交換が必須と言わざるを得ません。
又、日頃からしっかり整備をすることで、良い状態で長く楽しむことが出来るのは疑う余地もありません。

そんな理由で、21世紀になっても、ラテン車を乗っていくにはきちんとした整備が必要で、現場の立場から言うと、自社工場は販売と表裏一体、工場なくして販売なし!と言えます。もちろん、工場があるだけでは片手落ち、設備やメカニックなど内容が伴って初めて全てが機能するわけです。
もちろん、我々ロッソコルサの工場も、お客様の愛車を出来るだけ良いコンディションにするための体制を整えています。ガラス張りのショールームやコーヒーを運んでくれる綺麗なお姉さんはいませんが、その分のお金をかけてきた、ちょっぴり自慢の工場をご紹介させていただきます。
工場写真01 工場面積約50坪。
これは現店舗の総敷地面積の半分以上にあたります。今では販売車輌を展示しているスペースまで増殖中です!電動シャッター付!セコムも入って安心です!
工場写真02 ベンツのSクラスもOKの門型リフトが
2基!最近1基増やして2柱リフト2基。
全部でリフトが4基。エンジンO/Hや
ハードリペアが重なると、それでも足りない!
工場写真03 今ではこれがないと修理が出来ない
専用テスター。各車種対応です。
工場写真04
工場写真05 エアー圧を利用して完璧なエア抜き
が出きるブレーキオイルチェンジャー。
特に、ABS付きの車は通常のやり方ではエアが完全に抜けません。
工場写真06 デルタのタイミングベルト交換などで
活躍するポートパワー。2基目です。
工場写真07 エンジンクレーンです。
これも良く使います。
工場写真08 ミッションジャッキです。
マウント交換やマフラー交換にも使います。
工場写真09 エンジンスタンドです。
デモカーのエンジンもお世話になってます。
工場写真10 エンジンハンガーです。
クラッチO/H時に使います。
工場写真11 フライス盤です。
ちょっとした部品の加工からワンオフパーツの制作までできます。
工場写真12 パワーステアリングオイルチェンジャーです。
専用のフラッシングオイルとパワステオイルを使います。
イタリア車はお勧めです!
工場写真13 CO/HCテスターです。
車検の前にチェックします。
工場写真14 エアコンリークテスターです。
点検用ガスを入れて、専用のライトを
あてると黄色く反応して目視でわかります。
工場写真15 MIG溶接機です。
マフラーの加工など大活躍します!
工場写真16 酸素アセチレン溶接機です。
外れにくいネジもこれで温めると外れます。
工場写真17 ボール盤です。
色々な加工に使います。
工場写真18 油圧プレス機です。
ベアリングの圧入などに使います。
工場写真19 パーツ洗浄台です。
汚れた部品は綺麗にしてから組みましょう!
工場写真20工場写真21 部品庫です。
出筋のパーツはストックしています。
中にはあっと驚くお宝が・・・。
工場写真22 アースイングシステムを作るキットです。
実は、アースイングシステムのプロショップです!
設定が無い物は作ります!
工場写真23 消臭機です。
専用の消臭剤で室内の匂いを根こそぎ消臭!
工場写真24 オイルチェンジャーです!
自動式で上抜きにてオイルを抜きます。
抜いたオイルがタンクで見ることができます。
工場写真25 スポットマシーンです!
ドア開口部のスポット増しだけでもかなり効きますよ!デルタや75などのちょっと旧い車には絶大です!
ロールゲージのようにあからさまではなく、さりげないチューニングはいかが?
PAGE TOPへ