トップページ > 在庫情報
在庫情報
「素材」としての中古車

店頭で販売されている中古車は、その時点では完成品ではありません。料理でいうなら「素材」です。
素材も1台、1台全てが違うコンディションで入庫してきます。最近では、仕入れた素材をほとんど手を入れず、そのまま提供するショップが増えていますが、これではシヨップで購入する意味がありません。
ロッソコルサでは、素材をそのままお出しするようなことはいたしません。それは、ラテン車のプロである私達が、素材を一番おいしく召し上がっていただく調理方法を知っているからです。素材のコンディションを見極めて、一番おいしいく召し上がっていただけるように調理をして、一つの「料理」として完成させてご提供させていただきます。
素材の持っている「味」を堪能していただけるように、ラテン車が大好物な私達が、腕によりをかけて仕上げた愛すべきラテン車達をご賞味ください!

ロッソコルサでは、ほとんどの車をユーザーからの直接買い取りで仕入れています。
その為、オークションや業販と比べて中間マージンをカットできます。カットした分をしっかり整備費用にあて徹底的に整備したうえで御納車させていただいております。

フィアットアバルト プント
スーパースポーツ
売約御礼
フィアット アバルト プント border=
ABARTHプント最終モデル!スーパースポーツが入庫しました!
フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント
フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント フィアット アバルト プント
■車両詳細情報
年式: 2014(平成26)年式
走行距離: 7340km
車検: 2019年3月まで
車輌: ディーラー車
色: グレー
リサイクル区分: 済別
排気量: 1400cc
ミッション: マニュアル
ハンドル:
駆動: 2WD
燃料: ガソリン
修復歴: なし
車台番号下3桁:783
■オプション
エアコンパワステパワーウィンドウABSエアバッグWエアバッグCDETCキーレスエントリー集中ドアロックアルミホイール盗難防止機能記録簿付き修復無し
ABARTH Punto super sport
14年式 平成31年3月26日 グリジオカンポボーロ 7,340km
ディーラー車
装備(左ハンドル 6Fマニュアル レザーステアリング FULL フロントフォグランプ リアスポイラー CDデッキ ETC
Wエアバック サイドエアバック サイドインパクトバー ABS EBD(電子制動力配分装置) ESP(ASR/MSR/HBA/ASR-OFFスイッチ付き)
盗難防止システム FPS(火災防止装置) 集中ドアロック リモコンキー 本革巻きステアリング 17インチ専用アルミホイール
ブレンボ4PODモノブロックキャリパー(フロント) プライバシーガラス BMC製エアクリーナー スロットロルコントローラー

※特別限定車!超希少車!
※2オーナー車!
※納車整備付(12ヶ月点検+α)
※時社保証付(3ヶ月又は3000km)

【車輌データ】
全長(mm):4,080 全幅:1,720 全高:1,470 ホイールベース:2,510
トレッド前/後(mm):1,480/1,475 最低地上高:
車両重量(kg):1,250 車両総重量:1,470
乗車定員(名):4 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):---
新車価格(円):3,090,000-(税別)
【エンジンデータ】
種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ
総排気量(cc):1,368
ボア×ストローク(mm):72.0×84.0 圧縮比:9.8:1
最高出力(ps/rpm)(DIN):180/5,750
最大トルク(kgm/rpm)(DIN):27.5/2,500 燃料タンク容量(L):45
駆動方式:FF
ミッション形式:6速フロアマニュアル タイヤサイズ:215/45R17
【整備内容】
保証継承点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検、
足廻り点検、駆動系点検、油脂類点検又は交換(エンジン、ミッション、クーラント、ブレ-キ、クラッチ、冷却水)、他
【お店から一言】
当社販売・管理車両のABARTHプントの最終モデルが入庫しました!
しかも特別限定車の「スーパースポーツ」です!走行距離も7,340kmです!

当社のお客様で地方のオーナーさんからワンオーナー車としてお譲り頂き昨年の12月に2ndオーナーさんへ納めさせて頂いたのですが
複数台数のお車をお持ちのお客様で,なかなか乗ってやれないということで今回当社へ里帰りしました。

ABARTHプントのデリバリーは残念なことに2014年を最後に終了・・・。
確かに人気ではABARTH500には負けていましたが車の「でき」は圧倒的にABARTHプントのほうが上でした。

「これぞターボ!」と思わず叫びたくなる180PSのパワーと世界的エコの呪縛をぶった切るようなクロスした6速ミッション!
この組み合わせで面白くないはずがないではないか!熱くなった頭が少し冷静さを取り戻した頃に「そう言えばこの車、17インチだったよね?」と疑ってしまうほどのボディ剛性!
アルファロメオでも18インチはおろか17インチでさえ履きこなせているとは一度も思ったことのない自分が17インチであることを忘れてしまうのだから恐れいるしかありません。

「イタリア車だって、やればできるじゃん!」ここ数年で私に一番衝撃を与えてくれました。

標準のABARTHプントをさらにチューニングした「スーパースポーツ」。パワーは163PSから180PSに!
23.5kg/rpmから27.5kg/rpmへアップしたトルクは低速域から胸の空くような加速を提供してくれます!

昔と違い、エンジンだけではなく大幅にアップしたパワーに見合う改良が各部にも施されています。
20mm低められた車高、大幅にアップしたパワーを確実に路面に伝えるべく17インチの専用アルミホイールに215/45サイズのタイヤ、
そこに「ブレンボ製」モノブロック4PODキャリパーを奢り、「走る・曲がる・止まる」を高次元で堪能することができる!

正にこれこそ真の「ABARTH」だ!

販売当時、何故かABARTH500よりもABARTHグランデプントのほうが安かったが、両車を乗り比べて思ったのは「この価格、逆じゃやないの?」という素朴な疑問。
率直に言って、車の出来が全然違う!その後、新車価格は逆転したことで、私の感覚は間違っていなかったと納得することに。

確かに、ABARTH500のほうが見た目は可愛いし「うけ」は良いかもしれないが、本当に走りを楽しめるのは、間違いなくABARTHプントのほうだと断言したい!
そして、リアシートもちゃんと使えることもABARTHプントの魅力ということも付け加えておこう。

最近の「あれ?いつからターボが効いてるの?」というような「eco」目的のへなちょこターボとは違う
「これぞターボエンジン!」という加速を味わえるのは、このABARTHプント「スーパースポーツ」こそ!頭で考えるな、感性で操るんだ!

それが「ABARTH」の乗り方だから!
PAGE TOPへ